脇のにおい対策、男性ホルモンとストレスに注意しよう

MENU

脇のにおい対策としまして、男性ホルモンの抑制があります。

 

アポクリン汗腺といったものが影響を受けるホルモンとしましては「アンドロゲン」という名称の男性ホルモンがございます。
この男性ホルモンの量といったものは食事や運動等生活習慣により影響を受けてくるのです。
不規則な生活やストレスフルな状態が続いているといったような場合でしたらまず注意する必要があるでしょう。

 

男性ホルモンについて抑制する方法の1つには、女性ホルモンを増やすアプローチもあります。
イソフラボンといったような女性ホルモンに直接働きかけてくれる食べ物を積極的に摂る方法も良いかと思います。
またストレスといったものは男性ホルモンの分泌を促してしまいます。
更に男性ホルモンについて分泌されるような深夜に起きている不規則な生活も良ろしくありません。

 

男性ホルモンが活発となるような生活習慣に身に覚えがあったら、これも汗コントロールのため改善をしてみましょう。
アポクリン汗腺がアンドロゲンに対して刺激されることを防ぎまして、汗の量を減らせるといった可能性もあるからです。

 

また「気にしすぎ」からは余計な汗が出てくることがあります。

 

脇のにおい対策を抱えるといった悩みによるストレスは相当であることも多いです。
しかしそのストレス原因から、余計に汗をかいてしまうような悪循環が起こります。
脇のにおい対策からの不安や緊張が起こすといったような汗なのです。
このような不安に陥ってしまうと不安症や恐怖症といったような精神疾患を招くような事もあるのです。
ストレス及び不安を感じるといったような場合について自己コントロールといったものは実際には非常に難しいものですが、そのストレスから悪循環に陥らないような工夫をしてみることが脇のにおい対策には大切でしょう。